フィリピン人と結婚しようとしている方へ

フィリピン人と結婚する際の問題点とトラブルについて

フィリピン人と結婚を考えているという方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、フィリピン人との国際結婚には幾つかの問題点があります。

 

一般的に日本で結婚の手続きができれば大きな問題点はありませんが、婚約者には渡日するために必要なビザが発給されないため、多くの方はフィリピンで結婚の手続きを行い、日本人の配偶者をとおし入管へ申請するのです

 

なぜビザが発給されないかと言うと、偽装目的で結婚をする方が多かったり、在留期間を過ぎてもフィリピンへ帰国しないという方が多いからです。

 

二人にしっかりと結婚の意志があったとしても、このような問題点を回避するために、処置がとられております。

 

フィリピン人と結婚する際に、実は相手の女性が結婚していたというトラブルが多くなっております。

 

結婚の手続きを行うために、フィリピンへと渡航したものの、偽装目的で結婚をしていたというケースは十分に考えられるのです。

 

もちろん、全てのフィリピン人が偽装目的で結婚をするわけではありませんし、正真正銘の愛がある場合もあります。

 

ただ、このようなトラブルを引き起こさないためにも、勢いで結婚を考えるのではなく、相手の身元情報をきちんと確認することが大事です。

フィリピンでの結婚でかかる費用について

「フィリピンでの結婚でどのくらいの費用がかかるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

それは上記でも説明しましたが、ビザが発給されないというケースが多いため、フィリピンで結婚の手続きをするという方が多いからです。

 

主催者が全てを負担する披露宴の費用は、大よそ日本の10分の1程度となっております。

 

地域や規模によって異なるので一概には説明できないのですが、日本では全ての費用を合わせると600万円〜700万円程度となっているので、フィリピンでは60万円〜70万円というわけです。

 

フィリピンへの渡航費用や滞在費を含めると、意外とお金がかかるのですが、披露宴の費用だけを見てみると、信じられないほど安い費用で開催が可能となっております。

 

フィリピンと日本で物価に違いがあるように、経済格差によって結婚式にかかる費用も安くなり、30万円ほどあれば十分過ぎるほどの披露宴の開催ができるのです。

 

フィリピンでの披露宴は、ホテルといったセレモニー施設で行われます。

 

ただし、田舎ですとこのような施設がないことが多いので、公共の広場にある屋上でパーティーが行われるのです。

担任制のオンライン英会話であれば恋愛へと発展する可能性はある

わざわざフィリピンへと出向くのではなく、担任制のオンライン英会話であれば恋愛へと発展する可能性はあります。

 

スクールによっては美人の講師が数多く在籍しており、中には「恋愛」⇒「結婚」とゴールをした方もいるのではないでしょうか。

 

もちろん、国際結婚をするに当たって様々なハードルがあり、好き嫌いで一括りにできるわけではありません。

 

それでも、フィリピン人の女性と関わりたいのであれば担任制のオンライン英会話(子供の英語教育にもオススメ)が適しているので、幾つかのスクールを比較して入会してみてください。

フィリピンという国についてのページ