フィリピン人はお金持ちなの?

フィリピン人はお金持ちなの?

「フィリピン人はお金持ちなの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

一般的にフィリピンでは物価が日本の4分の1から5分の1と低く、彼らが貰える給料も日本人と比べればかなり低いのです。

 

その分物価が安いので一概には説明できないものの、全体的に見ればお金持ちは少ないかもしれません。

 

日本人がフィリピンへと行けば少ないお金でも豪遊できますし、お金持ちの気分を味わうことができるので遊びに行く人が多いのではないでしょうか。

 

夜の街でも当然のように日本人はフィリピン人からモテますし、女の子と遊ぶためにマニラやセブに行く人の数は増えております。

 

しかし、フィリピン人にお金持ちが一切いないというわけではなく、フォーブス誌の「フィリピンの富豪50人」では富豪ランキングが掲載されておりました。

 

どの国でも同じことが言えますが、稼いでいる人は日本の一般人の比じゃありませんし、世界に君臨できるほど稼いでいるのです。

 

そのランキングの一部を下記ではご紹介しているので、気になる方は一度目を通しておきましょう。

 

 

1位Henry Sy(135億ドル):巨大コングロマリット企業を築いている

2位Lucio Tan(50億ドル):フィリピン航空の代表取締役

3位Enrique Razon,Jr.(49億ドル):ホテルやエンターテイメント業界で有名

4位Andrew Tan(39億ドル):不動産会社のMegaworldのオーナー

5位David Consunji(28億ドル):DMCIホールディングスの会長

 

 

このように、フィリピンは発展途上国というイメージがあるかもしれませんが、意外とお金持ちの方は多いのです。

 

世界的に見て有名な方も非常に多くいらっしゃいますし、フィリピンの経済を支えている人物と言っても過言ではありません。

 

それに、2013年現在ではフィリピンの経済成長率は6.8%と一時期の中国と匹敵し、平均年齢が23歳と非常に若いのが特徴です。

 

日本の平均年齢は2014年現在で45.7歳となっており、フィリピンとは違って非常に高いことがお分かり頂けます。

 

超高齢化社会を進んでいるのが今の日本で、2050年には平均年齢が50歳を超えると予想されているので、これから介護を中心とする様々な問題が発生するのではないでしょうか。

 

少々話が逸れてしまいましたが、フィリピン人にもお金持ちはたくさんいらっしゃいますし、経済成長率という点では今の日本を遥かに凌駕しているのです。

フィリピンという国についてのページ