フィリピン料理について

フィリピン料理の特徴について

フィリピンでの主食はお米となっており、肉類や魚類が中心となっております。

 

「フィリピン料理の特徴が分からない」という方は多くいらっしゃるでしょう。

 

韓国料理や中華料理は日本で商店街を歩いていれば見かけることは多いのですが、フィリピン料理はそこまで見かけることがないと思います。

 

フィリピン料理は非常に淡白で、甘いものや酸っぱいものが多く、辛い料理はほとんどないという特徴があります。

 

フィリピンでは韓国料理屋が非常に多くなっているのですが、ここではフィリピンの料理を提供しているわけではなく、韓国人や日本人といった観光客のための料理を出しているのです。

 

味付けには、ココナッツミルクやパティスと呼ばれる魚醤、果実汁の一種であるタマリンドを利用したものが多く、これらの調味料が独特の甘みや香りを引き出しているのです。

 

一般的にフィリピン料理と呼ばれているものはマニラといったタガログ圏のものとなっており、他の地方では味付けが異なっております。

 

そのため、本場のフィリピン料理を食べに旅行するのであれば、首都であるマニラを訪れてみてください。

 

現地の人々や、タクシーの運転手に尋ねれば、美味しいフィリピン料理屋に連れていってくれるはずです。

 

フィリピン料理の食事の仕方は、右手にスプーン、左手にフォークを持ち、西洋料理で使用するナイフとフォークのように両方を器用に使いこなしていきます。

 

最初はあまり慣れないかもしれませんが、だんだんと上手に食べられるようになるはずです。

フィリピンの代表的な料理について

フィリピンの代表的な料理としては、ハロハロが挙げられます。

 

日本でもミニストップでハロハロが販売されているので、コンビニで売られているようなものを想像するかもしれませんが、入っているものが全く違うのです。

 

地域やお店によってハロハロの中に入っているものが異なるのですが、かき氷以外にゼリーやアズキ、ナタデココやプリンなどたくさんの食材が含まれており、上から練乳を掛けて食べます。

 

暖かいフィリピンならではの食べ物であると言えるでしょう。

 

また、肉を甘辛く煮たアドボも有名なフィリピン料理の一つとなっております。

 

豚肉と鶏肉の両方を使用し、醤油や酢、ニンニクなどで漬け込み、柔らかくなるまで煮込んでいくのです。

 

複数の調味料が絡み合って、非常に奥深い味わいとなっているところが大きな特徴であると言えます。

 

ただし、フィリピン料理を食べるという場合は、屋台ですと衛生状態が良くない場合があるので、十分に気をつけなければなりません。

 

怪しいと思った屋台では、あまり食べないようにする必要があります。

フィリピンという国についてのページ