フィリピンは台風が多いの?

フィリピンでは台風が多いの?

「フィリピンでは台風が多いの?」という疑問を抱いている方はいらっしゃいます。

 

日本もどちらかと言うと台風の多い国なのですが、フィリピンも台風は多くなっております。

 

それに、日本に上陸する台風は、フィリピンの近くで発生したものが多くなっているのです。

 

フィリピンでは日本のようにインフラが整っているわけではないので、台風が長く続くことにより、首都のマニラでは水が溢れて大騒ぎになることは決して少なくありません。

 

日本でも稀にこのような事態は引き起こされてしまうのですが、フィリピンではその頻度が多いと説明できます。

 

暑い国ですので、たまに降るスコールであれば歓迎されることもありますが、台風となるとそのように考える方は少ないでしょう。

 

フィリピンへ旅行に行った際、大型の台風が直撃する可能性があるので、十分に注意してください。

 

海との高低差が少ないマニラは台風の被害に遭いやすい都市の一つで、平屋にいると水に浸かってしまう可能性があるので、できる限り高層ビルのホテルの中にいるのが安全です。

 

「ビルは崩れないの?」と疑問に抱くかもしれませんが、余程の天災ではない限り、高層ビルが崩れるということはないと思われます。

 

さて、フィリピンでは台風の大きさをシグナルという単位で表しており、1が軽く数字が上がるにつれて危険度が増していきます。

 

シグナル1はそこまで警戒する必要はありませんが、学校が休みになる程度です。それでも台風であることには変わりないので、旅行者はきちんと警戒をしなければなりません。

 

シグナル4が発令されることはほとんどありませんが、2006年に大型の台風が直撃した時は、シグナル4が発令されて、マニラを中心として多大なる打撃を受けました。

 

近くの川は溢れて洪水を引き起こし、木々は根こそぎ倒れるといったように、皆さんが経験をしたこともないような被害に襲われることもあります。

 

とは言え、コンクリート造りの家や、ホテルの中に入れば安全だと思うので、あまり外に出ないようにしましょう。

 

また、洪水になりやすい地域は、雨が降っただけで直ぐに身動きが取れなくなるので、事前にテレビでニュースをチェックして対策を行う必要があります。

フィリピンという国についてのページ