フィリピン留学の生活費について

フィリピン留学の生活費について

「フィリピン留学の際に、生活費はどのくらい必要なの?」という質問をされる方は多くいらっしゃいます。

 

確かに、語学学校への入学金や授業料以外にも生活費はかかるので、気になることでしょう。

 

生活スタイルによって異なるので、何とも言えないのですが、1ヶ月で3万円ほどあればそれほど不自由なく生活できます。

 

この金額を聞いて、ほとんどの方は安いと感じたはずです。

 

フィリピンでは日本よりも遥かに物価が安いため、生活費も必然的に安くなっております。

 

もちろん、多めに持っていった方が良いのですが、あまりにも多くの現金を持ち歩いていると不安になると思うので、そこそこの金額で大丈夫です。

 

例えば、フィリピンではペットボトルのコーラが20ペソとなっております。

 

日本ではコンビニでコーラを買うと約150円で、20ペソは日本円に換算すると約40円ですので、非常に安くなっているのです。

 

そして、ビールは30〜40ペソ(60円〜80円)、タクシーの初乗りは30〜40ペソ(60円〜80円)、新聞は20ペソ(40円)と、日本と比べて生活費を抑えて暮らすことができます。

 

商品によって異なるので何とも言えないのですが、日本の物価の5分の1程度となっております。

 

外食の屋台では、100ペソ(200円)支払えば、お腹いっぱい食べることが可能です。

 

以上のように、フィリピン留学では、ほとんど生活費がかからないということがお分かり頂けるでしょう。

 

更に、語学学校のNILSを利用すれば、費用を抑えて英語の学習が可能となっております。

 

それに、NILSでは日本人のスタッフがサポートしており、20名以上も在籍しているので、安心だと思われます。

 

「いきなり留学はちょっと・・・」と考えている方のために、無料体験留学が可能ですので、気軽に試してみてください。

 

 

公式サイトはこちら

 

 

さて、日本よりも生活費が安いといっても、生活スタイルによっては、日本に滞在している時もお金を消費してしまう可能性があります。

 

確かに、フィリピン人が経営している屋台などは非常に安い価格で提供されているのですが、日本人が経営しているような観光者向けのレストランは、日本と同じような価格設定となっているのです。

 

そのような場所ばかりで食事をしていると、生活費を3万円で抑えるというのは、難しいでしょう。

 

フィリピンへ留学した方の多くは、物価が安いからといって使いすぎる傾向にあるので、十分に注意してください。

フィリピン留学についてのページ