フィリピン留学で起こり得るトラブル

フィリピン留学で起こり得るトラブルについて

フィリピンへ留学することで必ず遭遇するのが、文化の違いです。

 

当たり前のことですが、フィリピンと日本では文化が大きく違うので、留学した方の中には、戸惑ってしまう方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

とは言え、これが留学の大きなメリットであると言えます。

 

日本で生活をしていただけでは絶対に味わえないことですので、英語の勉強とは別に楽しめるポイントであると思います。

 

しかし、トラブルに巻き込まれる可能性は十分にあるので、注意して生活をしていかなければなりません。

 

トラブルの少ない留学を心掛けるためには、それなりに心得ておかなければならないポイントがあるので、ここでは詳しく説明していきたいと思います。

お金に関するトラブル

フィリピンに留学し、多くの方が巻き込まれるのがお金に関するトラブルです。

 

決してフィリピンの治安が悪いというわけではありませんが、日本と同じように考えていると、思わぬトラブルに巻き込まれてしまいます。

 

フィリピンでは物価が非常に安いので、現地を移動するにはタクシーを使うことが多いのですが、乗る前にきちんと値段の交渉をしなければなりません。

 

日本であれば初乗りの金額が決まっていますし、乗った距離に合わせて料金が上がっていくという仕組みになっているので、値段の交渉をすることはないでしょう。

 

しかし、フィリピンでは値段の交渉をせずにタクシーに乗ると、下りる際にあり得ない金額を請求される場合があるのです。

 

私たちからすればそこまで大きな金額ではないので、気にしないという方はいらっしゃるのですが、損をしていることには変わりがないと言えます。

 

このようなトラブルを避けるためにも、あらかじめ値段を確認したり、メーターをきちんと動かしてもらう必要があるのです。

生徒同士のトラブル

フィリピンに留学をすると、そこでは日本人だけではなく色々な国の生徒がおります。

 

それぞれ文化が異なるので、お互いに意見が合わず、喧嘩になることもあるのです。

 

日本では常識ある行動だと自分で思っていたとしても、それが異国の国の人からすれば、非常識となることも十分にあり得ます。

 

中には、反日感情の強い生徒はおり、そのような生徒とトラブルになることがあるので、できる限り日本人が全くいない語学学校に行くのは避けた方が良いでしょう。

 

その点において、NILSには日本人の生徒もたくさんいるので、トラブルはかなり少ないと思います。

 

費用も比較的安めに設定している語学学校ですので、是非利用してみてください。

フィリピン留学についてのページ